5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

少年法を即刻廃止して殺人罪の法定刑を死刑一罪にしろ

1 :名無しさん:2000/06/02(金) 12:53
人殺したやつは死刑。餓鬼も大人も死刑。心神耗弱・酌量減軽の柔軟な運用で
妥当な解決は図れる。粗暴犯一般の法定刑も3倍増し!これでドキュソ
少年は事実上塀の外に出てこれなくなって住みよい日本が実現される。

2 :名無しさん:2000/06/02(金) 13:12
>1
賛成。
そんなに甘甘だと、簡単にやりたくなっちゃう気持ちがわかる。
極刑だろ、やっぱり。

3 :名無しさん:2000/06/02(金) 13:33
14歳のころから何年間も実父に無理矢理犯されつづけ5人も出産させられ
ついにその父親を殺してしまった事件があった
この場合無罪でいいと思う

4 :名無しさん:2000/06/02(金) 13:37
殺人=死刑でいいんじゃない?

5 :名無しさん:2000/06/02(金) 14:00
>3
同感。
めったにないケースだが。

6 :直樹:2000/06/02(金) 14:15
野蛮ですね。「目には目を」という原始的な発想しかできない
んでしょうか? 原始人と言わざるを得ないような論理ですね。

7 :直木:2000/06/02(金) 14:17
直樹とやらアホか?

8 :>6:2000/06/02(金) 14:30
「目には目を」という言葉の意味をもう一度調べてから出直してきてください


9 :名無しさん:2000/06/02(金) 14:32
>6
原始人だ、文句あるか。

10 :原始人:2000/06/02(金) 14:32
>6

お前に言われとうない。

11 :名無しさん:2000/06/22(木) 10:35
いちお

12 :名無しさん:2000/06/22(木) 13:12
>1
賛成。


13 :!!:2000/06/23(金) 08:01
>6
原始人にピラミッドは作れんだろぉ。

14 :名無しさん:2000/06/23(金) 09:46
>1
賛成。

>3
そういう事例は情状酌量の余地があるね。

>6
お前を死刑にしたい。

15 :名無しさん:2000/06/23(金) 09:53
くだらん

16 :名無しさん:2000/06/23(金) 11:29
6> 直樹復活? なつかしいねぇー。

  目には目を、ではいけないというのは理屈では判る。
  しかし、18歳未満なら更生の余地があると、法で決めるのにも
  無理があるような気がする。小学校でも学級崩壊が始まっている今、
  情報洪水の今、昔の価値観がどこまで通用するかを考えるとき、
  少年法適用年齢を狭めることに関しては異論ないのでは?

  たとえば、義務教育期間内に限ってしまうとか。
  国の義務にすればいいんよ>15歳までは。

17 :名無しさん:2000/06/23(金) 11:37
こう言う意見が台頭すると、人権屋も黙らない。
で、更に少年法改正の時期が遠のく・・・ と。

くだらねぇ。


18 :名無さしん:2000/06/23(金) 12:35
被害者の遺族が反省の判定をすべきだと思う。
反省・更正の可能性による減刑は
現状では濫用されていると思う。


19 :名無しさん:2000/06/23(金) 13:01
>18
濫用されてる物は他にもある。
精神障害だ。


20 :名無しさん:2000/06/24(土) 13:08

〜2098年度 中学校社会科教科書(歴史・国内)
 第13章 近代・現代(P.418より一部抜粋)〜より

21世紀初頭より台頭した、『反ドキュン』の世論は
瞬く間に日本全国へ広まっていった。そして2012年、
ドキュン排除を公約に掲げた『日本平和党』が第一党に躍進、
少年法の改正やドキュンの人権制限、一級市街地からの排斥、
周辺地域への強制移住、種々の社会保障廃止を断行した。
その結果、各地に『BLACK』と呼ばれるスラム街が形成され、
彼らは被差別階級としてそこへ追いやられていった。
これがドキュン差別の始まりである。

劣悪な環境下に置かれたドキュン達は2016年、
『ドキュン解放連合』を組織し、生活環境の改善、
基本的人権の保証を求めて差別反対闘争を繰り広げた。
しかし、先鋭化した解放連合急進派による
『日本平和党本部襲撃事件』(2018年)
『ドキュン監視委員会会長暗殺事件』(2019年)
等の発生を境に反ドキュンの世論が一層の高まりをみせ、
それをうけた当局による徹底的なドキュン弾圧が行われた。
それに伴いドキュン差別反対運動は急速に衰退し、
今日に至っている。

          〜(中略)〜

ドキュン差別の起源は一般に政府の意図的な政策にあるとされている。
つまり、英国の『サッチャリズム』、米国の『レーガニズム』を契機として、
20世紀末期の日本においても『小さな政府』への転換が進んだ結果、
国民間の貧富の差の激化や国民の階層化が進み、政府が国民の不満をそらす
為にドキュン階級を作り出したことが背景となったとされているのである。

しかしながら、その根底にはあるホームページの影響があることが
最近の研究で明らかとなっている。『2ちゃんねる』と呼ばれた
ホームページ内でのドキュン差別思想の高揚が、『IT革命』による
インターネットの爆発的な普及と相俟って、短期間の内に
反ドキュン世論のバックボーンとして社会全体へ浸透していった事が
ドキュン差別の遠因と言えるだろう。

ドキュン差別は今日においても根強く残っている。22世紀を間近に控えた
我々は差別撤廃への努力を決して怠ってはならない…。

21 :名無しさん:2000/06/24(土) 13:24
遺族に殺させるってのは?

22 :騎士:2000/06/24(土) 13:32
>21
みんな、そう思うだろう?
一度は考えるよね?

5 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)